banner

より多くのナノ粒子とナノ材料

自宅 より多くのナノ粒子とナノ材料

炭化ケイ素の用途と特性

新製品

最新ニュース

コンクリートにおけるいくつかのナノ材料の拡張応用 コンクリートにおけるいくつかのナノ材料の拡張応用

コンクリートは建築の基本材料であり、さまざまな建物や構造物に広く​​使用されています。21 世紀の大規模なコンクリート工学、工学環境の複雑さ、および応用分野の継続的な拡大に伴い、コンクリート材料に対する人々の要求はさらに高まっています。ナノテクノロジーによりコンクリートの特性が向上し、コンクリートの応用分野が大きく広がります。 ナノ材料はコンクリートの特性を改善します。 1. ナノシリカ(SiO2) ナノSiO2は、ケイ素や有機ケイ素を含む塩化物の高温加水分解により生成される、表面に水酸基を有す...

炭化ケイ素の用途と特性

  • September 2,2019.

炭化ケイ素は、多様な産業用途がある重要な非酸化物セラミックです。高い硬度と強度、化学的および熱的安定性、高い融点、耐酸化性、高い耐侵食性、言い換えれば、高い熱伝導率、高い安定性、良好な耐摩耗性、および小さな熱膨張係数の特性を備えています。

主に研磨剤として使用し、炭化ケイ素の他の用途は次のとおりです。耐火物、電気デバイス、電子機器(半導体)、ディーゼル粒子フィルター、セラミック、工業炉、構造材料、および冶金。炭化ケイ素は、航空宇宙産業、自動車産業、発電産業でも、高度なセラミック複合材料の強化材として使用されています。

sicは高い熱伝導率を備えているため、高出力、高温の電子デバイス、摩耗および切断用途に最適です。

炭化ケイ素は、化学的、機械的、熱的特性にも優れています。高い化学的不活性を示し、動作環境が化学的に厳しいセンサーアプリケーションでの使用により適しています。

炭化ケイ素を過酷な環境の用途に最適な半導体にする優れた機械的および熱的特性。これらのアプリケーションには、高放射線被曝、高温での動作、腐食性媒体が含まれます。高性能のシックセラミックスを得るには、粒度分布が狭く、高純度の微粉末が必要です。

今のところ、低温でのsicナノ材料の大規模で費用対効果の高い合成は依然として困難です。

著作権 © 2010-2023 Hongwu International Group Ltd 全著作権所有.

サービスする専門チーム!

今すぐチャット

ライブチャット

    ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。あなたの質問にお答えできたら幸いです。